ホーム > サービス > クラウドPBX 機能一覧

クラウドPBX 機能一覧

クラウドPBXサービスの機能一覧です。ご利用いただける様々なサービスをご紹介します。
※新規お申込み停止の対象サービスも含まれます。

機能名 特徴
ビジネスフォン・スマートフォンの内線化サービス
ビジネスフォン・携帯電話の内線化サービス
様々な端末を内線化できます。東京、大阪、海外など拠点間の内線通話が無料になります。
代表番号発着信
代表番号発着信
03・0120・0800の代表番号を複数の端末で発着信できます。
ポイント履歴
ポイント履歴
ポイント履歴で通話料金やポイント購入履歴、月額費用を確認できます。
通話履歴
通話履歴
発着信の履歴が確認できます。内線番号、電話番号ごとの発信や着信、相手先番号などを絞り込み検索できます。
保留転送/取次転送
保留転送
通話中のコールをいったん保留し別の電話へ転送する機能。転送する相手の状況を確認してから転送します。
特番
#5→内線(外線)番号→# 中止は**
ブラインド転送/直接転送
ブラインド転送
通話中のコールをいったん保留し別の電話へ転送する機能。転送する相手の状況を確認せずに直接転送します。
特番
#6→内線(外線)番号→#
パーク転送
パーク保留
通話中にパーク転送することにより、任意の電話機からパークに保留されている通話を解除できる機能。
特番
#69000→パーク保留番号(9001等)→発信
コールピックアップ
コールピックアップ
同一の電話番号に紐付けされた内線の着信を他の内線で応答する機能。
特番
ほかの内線が呼出中に*9→発信
通話メモ
通話メモ
1通話を録音できます。次に録音しますと上書きになります。
特番
外線通話中に*1/通話を切断後に*1→発信
WebFax
WebFax

インターネットを用いたFAXの送受信。FAXが届いたらメールでお知らせします。
パソコンやスマートフォンからFAXの確認ができます。
設定方法
ご契約電話番号管理→操作のオプション→オプションの追加でWebFaxを選択→追加

保留音変更
ゲートウェイサービス

電話番号ごとに保留音を変更できます。耳に優しいBGMや宣伝を流すこともできます。ファイル形式は、「wav」もしくは「mp3」サイズは最大5MBまで。
設定方法
保留音→新規保留音作成はこちらから→名称を付ける、音声ファイルを選択→作成→ご契約電話番号管理→操作の編集→ 番号情報編集の保留音から作成した名称を選択→更新

ゲートウェイサービス
ゲートウェイサービス
お客さまの電話回線をクラウドPBXに収容することでPBX機能をご利用になれます。
60秒ごとに通話費用(個別見積)が発生します。
発信者番号非通知
発信者番号非通知

電話番号の前に184を付けずに非通知で発信、電話番号の前に186を付けると電話番号通知で発信できます。
設定方法
ご契約電話番号管理→操作のオプション→オプションの追加で発信者番号非通知を選択→追加

着信拒否番号管理
着信拒否番号管理

着信拒否したい番号を管理できます。どの電話番号を拒否しているか確認できます。
設定方法

ご契約電話番号管理→操作の着信拒否→新規着信拒否番号登録はこちらから→拒否する番号を登録→追加する

非通知拒否
非通知拒否
非通知の着信を拒否します。
設定方法
ご契約電話番号管理→操作のオプション→オプションの追加で非通知拒否を選択→追加
非通知アナウンス
非通知アナウンス
番号通知をしないでかけてきた相手に、電話番号を通知してかけ直すようアナウンスします。
設定方法
ご契約電話番号管理→操作のオプション→オプションの追加で非通知アナウンスを選択→追加
多重着信防止
多重着信防止
異常な連続発信を繰り返す電話を拒否します。
設定方法
ご契約電話番号管理→操作のオプション→オプションの追加で多重着信防止を選択→追加
My転送
My転送

My転送で指定した電話番号へ転送できます。
設定方法
ご利用端末→新規端末登録はこちらから→端末種別にMy転送を選択→端末電話番号を登録→内線番号を登録→登録する
ご利用方法(電話番号に紐付け)
ご契約電話番号→操作の端末変更 →転送先端末の追加→My転送の内線を追加

発信専用制御
発信専用制御
発信専用に制御し着信を受けません。架電業務に集中できます。
設定方法
ご利用端末管理→操作のオプション→オプションの追加で発信専用制御を選択→追加
通話モニタリング
通話モニタリング
アカウント内の通話をモニタリングできます。
設定方法
ご利用端末管理→操作のオプション→オプションの追加で通話モニタリングを選択→追加
特番
*3→モニタする内線番号→発信

オートコール/ROBOコール
オートコール

架電リストをもとに録音した音声を自動発信できる「声のダイレクトメール」コスト面でも非常に効率的です。
特徴
発信時刻を指定することができます。発信時刻を設定しますと、翌日も同じ時間帯に自動で発信いたします。 翌日に発信しない場合は、再度発信する日を指定できます。

FAXDM/ROBOファックス
オートコール

送信リストともとに順番にFAXを送信いたします。いつでも簡単に操作できる、クラウド型のFAXDM送信システムです。
特徴
クラウドで利用できるから、いつでもお気軽に送信できます。CSV形式の送信リストを投入すれば、順次指定した時間でFAXDMを送信しますので、面倒な手間がありません。

音声自動応答窓口/IVR
IVR(対話型音声応答)
「音声自動応答窓口」をご用意できます。顧客様のプッシュ操作により、オペレーターや担当者にお電話をおつなぎできます。また、電話番号や商品番号等を入力できますので24時間の受付窓口の運用が可能です。
時間外アナウンス/IVR
IVR(対話型音声応答)

営業時間外のアナウンスを流すことができます。着信をメール通知することもできます。

多機能留守番電話/IVR
IVR(対話型音声応答)

営業時間外の着信に対して、プッシュによる担当者への転送や留守番電で対応する機能です。留守番電話に残されたメッセージは、音声をメール添付してお知らせいたします。
特番
多機能留守番電話をオフにする。
→(80+*+IVRの状態番号を押します。)
多機能留守番電話をオンにする
(81+*+IVRの状態番号を押します。)

アウトバウンドアシスト
アウトバウンドアシスト
CSVで取り込んだ架電先を管理します。管理画面に表示された電話番号をクリックするだけで架電を開始することができます。備考欄に架電内容を記録しCSVに反映させることができます。目視で架電データを確認できるので、任意の番号を発信せずにスキップすることもできます。
アーリーメディア非対応端末対応
「お客様がおかけになった電話番号は、現在使われておりません。番号をお確かめに・・・」等のキャリア側の音声に対応していない端末を強制的に対応させるように設定をします。
設定方法
ご利用端末管理→操作のオプション→オプションの追加でEM非対応端末を選択→追加
アポ禁番号登録
ご契約済などの架電不要な顧客への発信が簡単に防止でき、業務の効率が上がるだけでなく、電話勧誘などのトラブルを防ぐことができます。登録されている電話番号に架電した場合は、ガイダンスでお知らせいたします。
設定方法
アポ禁番号登録→新規アポ禁番号登録はこちらから→番号や備考を入力して→追加
複数外線対応
複数の電話番号も一つの端末で着信させることができます。 外線に2つ以上の端末を紐付けした場合、発信番号を通知する端末に★印がつきます。別の電話番号を通知したい場合は、発信番号選択や発信プリフィックスで対応できます。
設定方法
ご契約番号→端末変更→端末の追加→追加
発信番号選択
内線端末ごとに「発信番号」を選択できます。発信プリフィックスの指定が無い場合に使用する発信番号になります。
設定方法
ご利用端末→編集/削除→発信番号選択→更新
発信プリフィックス
外線ごとに「発信プリフィックス」を選択できます。発信時に0~9の発信プリフィックスをつけることにより、1台のSIP端末で最大10個の異なる電話番号を発信することができます。
着信時は、SIP端末に限り 発信プリフィックスが表示されますので、どの外線に着信したのか判別することができます。
設定方法
ご契約電話番号→編集→発信プリフィックスを登録→更新

※異なる電話番号に同一の内線端末を紐付けした場合のみ発信プリフィックスが表示されます。
全通話録音
外線ごとに「全通話録音」を選択できます。通話履歴から1週間に限り再生と削除を行うことができます。通話録音から1月分をまとめてダウンロードを行ったり、必要がない場合は、削除を行うこともできます。通話録音の保存期間は3ヵ月となります。3ヵ月を超過しますと消去されます。削除や消去されますと復元できませんのでご注意ください。
設定方法
ご契約電話番号→オプション→全通話録音→追加

30日間無料トライアル

本サイトの価格表記については、特に記載がない限り税抜価格です。